カテゴリ: NLPの活用




DSC00117


ビジネスの現場に限った訳ではありませんが、人が活き活きとしモチベーションを持った状態で活動できるとき、目先のことだけではない何か奥深いところにある動機や意図が大きい影響を与えています。



例えば、企業が利益をあげるにしても、それによってオーナーや株主の利益が増えるということだけでは社員のやる気にはつながらないでしょう。

働く社員への還元はもちろんですが、その仕事によって社会的に大きい貢献がある、社会の多くの人の役に立つという結果を目にすることで、さらなるモチベーションにつながっていくという図式はご理解いただけると思います。



それだけでなく、一人ひとり違った個性を持った社員で構成される職場で起きる、いろいろなトラブルやミス・コミュニケーションも、私が長年学んできた心理学によって「人の思考・行動の背後に隠れた肯定的な意図」を明らかにしていくことで解決が可能になることが分かってきました。

そこに焦点を当てて会話をしてあげることで、本人の内発的な気づきを引き出してあげることが可能なのです。

この内発的な気づきが大きなエネルギーとなり、本人のやる気につながり、さらには、この状態はメンタルヘルスにとっても有効になります。

ビジネスの現場で、論理的に正論で考えていても解決できない問題も、心理学を応用することによって先が見えてくることが多々あるのです。


自分以外の人を理解しコミュニケーションの壁を崩し、よりよい関係を築くことが可能になる心理学を考慮したビジネス書を紹介したいと思います。


○「絶妙な「聞き方」の技術」 
      ~話を聞けば相手の気持ちが見えてくる~

宇都出雅巳 明日香出版社 2006年10月

   NLP理論・インプロ・心理学を駆使した、人間関係をよりよくするための「例の方法」



会話をスムーズに行うには、そこが「安心できる場かどうか」が大きなポイントです。

この本の著者である宇都出氏はNLP(神経言語プログラミング)、コーチングなどを学びそれをビジネスの分野で応用しています。

信頼(トラスト)と尊敬(レスペクト)をベースにした組織・社会の実現が夢という宇都出氏、本の内容にもその姿勢が現れています。


相手が心を開いて話してくれる場作り、事柄だけでなく相手自身に関心を向けて聞くこと、「できない」意識を「できる」意識にチェンジしていく質問など、上司と部下の会話、あるいは会議の場での会話などビジネスの現場でとても役に立つスキルが分かりやすく紹介されています。

180ページの中のひとつひとつのエキスを飲み込んで実践してみるとその良さがさらに実感できます。




NLPサンタフェでトレーナー資格を取ったメンバーで構成する「NLPサンタフェトレーナーズ協会」が活動を開始しています。 http://nlp-santa-fe.info/ NLPを真摯に学びたい方、NLPを実践に役立てたい方にご覧いただきたいサイトです。

答えを見つけてから動こうというやり方はお勧めできません。

頭で考えると「損得」や「快不快」の基準で選ぶ自分が出てきてかえって混乱し、本当にうまくいくのだろうかという不安が湧き上がってきます。

その結果出来ない理由をあれこれと探し始めてしまうことが多いでしょう。

「成功の保障」が掴めないと行動に移さないタイプの人がいます。

成功するために手順を踏めばいいものと、リスクを侵して無から作り上げる必要のあるものがあります。

まず、自分がやろうとしているのは、どちらかを知ることです。

そして、ここで扱うのは後者です。

最初は不可能だと思ったものが、今では当たり前になっているものがたくさんあります。

例えば、飛行機。

あんな巨大な金属の塊が飛ぶなんて不思議です。

ライト兄弟の挑戦、リンドバーグの挑戦など様々なプロセスがあって、今は1日に数え切れないほどの航空機が飛びまわっています。

さて、「成功の保障」は無いけれど、やる意義がある。

自分は今、それを手に入れたい。

そんな目標に向かうときに役立つのがNLPの「アズ・イフ・フレーム」です。

以下にその手順をご紹介します。


jake03


1.「6ヶ月先など特定の未来に視点を置き、欲しい結果を手に入れたように振舞う自分」を想像します。

  そこで感じる達成感、充実感、喜びなど体感覚を充分に味わいます。

  その時どんな状況で、周りにどんな人がいて、そこは何処でしょう?

  見えるもの、聞こえるものを、まさにそこにいるかのようにイメージします。

  なぜ、こんなことが役に立つのでしょうか?

  それは、脳が現実と空想の区別が出来ないからです。

  あたかも、実際に成功したかのように振舞って、その視覚イメージ、聴覚イメージ、体感覚を味わうことで、脳は実際に成功したかのように思い込み、その時と同じような生理反応を起こします。

  「出来ないかも」「やっても無駄」などという否定的な考えを持っているとそれがストレスになり、失敗した状況を脳が感知しモチベーションはますます低下します。

  そうならないようにするために、成功のイメージをしっかりと持っていなければなりません。

  そうすることで、身体も心も活き活きとしてくるでしょう。


2.そういう状態になったところで、その特定の未来から現在を振り返ってみましょう。

  そこにたどり着くまでに、何をしたから成功が手に入ったのか。

  何を手放したから、うまくことが運んだのか。

  何を諦める必要があったのか。

あたかも全てを体験したかのように、たどってきた道を見ることで多くの有益な学びがあるでしょう。

それを元に、本格的に計画をすればいいのです。


このスキルは、次のようなときに試してください。

  達成したい「目標」があるのだが一歩足が前に出ない時。

  達成したい「目標」があるのだが、ぐずぐずと先延ばししている時。

  今やろうとしていることが、本当にやりたいことなのか迷っている時。



NLPの代表的な考え方に「メタ・アウトカム」というものがあります。

「メタ」は、「~を超える」「~より上位の」という意味です。

「アウトカム」は、「結果」や「目標」です。

つまり、「メタ・アウトカム」とは、私たちの意識的な行動や目標の根底にある、あまり意識しない意図のことなのです。

なぜその行動を取ろうとしたのでしょうか? 

その目標が自分にとってどんな肯定的な意味があるのでしょうか?

「何のために?」という根本が理解できます。

NLPの多くのテクニックの中で、この考え方と質問の仕方は簡単でかつ役に立つので、ぜひ覚えて下さい。

このメタ・アウトカム・クエスチョンをすることで、その人の行動や感情の背後に隠された潜在的な意図へ注意を向けさせます。

2004_1

以前、本人が困っているほど本好きで止められない人に、このメタ・アウトカム・クエスチョンをしました。

「本をたくさん読むことで、自分にとって何が満たされる? どんな大切なことを得ているんだと思う?」

「その時間、何かに熱中していられるなあ。」

「熱中ねえ。」

「じゃあ、熱中することで、何が得られるの?」

「そうねえ。活動している自分にだとOKが出せるんです。」

「ほう、自分にOK?」

「じゃあ、自分にOKが出せると、それより大切な何が感じられるの?」

「これ以上、何か頑張らなくてもいい、そのままでいいという安心感が手に入るんです。」


さて、みなさん、「何か頑張らなくてもいいという安心感が欲しいから本を読む・・・」ダイレクトには繋がりませんよね。

つまり、無意識からのメッセージとは、頭で考える筋道とは違うのです。

彼の場合、「本を読み続けてしまうという自分が変えたい行動の奥にある目的は、頑張らなくてもいいという安心感を得るためにしていたのです。

その後、彼は多くの本を読み漁るのではなく、じっくりと味わいながら読む姿勢に変化しました。

この「安心したい」という部分が、このケースの場合の「肯定的意図(メタ・アウトカム)」と呼ばれるものなのです。

ご自分の変えたい行動や感情をメタ・アウトカム・クエスチョンを使って「本来の望み」に気づいてはいかがでしょうか

また、上記にある「自分の望む生き方を探す方法」で出てきた「自分のしたいこと」の背後にある目的にも気づいてみましょう。

「何のために?」を理解して行動すると、パワーが出てきます。

↑このページのトップヘ