DSC00117


ビジネスの現場に限った訳ではありませんが、人が活き活きとしモチベーションを持った状態で活動できるとき、目先のことだけではない何か奥深いところにある動機や意図が大きい影響を与えています。



例えば、企業が利益をあげるにしても、それによってオーナーや株主の利益が増えるということだけでは社員のやる気にはつながらないでしょう。

働く社員への還元はもちろんですが、その仕事によって社会的に大きい貢献がある、社会の多くの人の役に立つという結果を目にすることで、さらなるモチベーションにつながっていくという図式はご理解いただけると思います。



それだけでなく、一人ひとり違った個性を持った社員で構成される職場で起きる、いろいろなトラブルやミス・コミュニケーションも、私が長年学んできた心理学によって「人の思考・行動の背後に隠れた肯定的な意図」を明らかにしていくことで解決が可能になることが分かってきました。

そこに焦点を当てて会話をしてあげることで、本人の内発的な気づきを引き出してあげることが可能なのです。

この内発的な気づきが大きなエネルギーとなり、本人のやる気につながり、さらには、この状態はメンタルヘルスにとっても有効になります。

ビジネスの現場で、論理的に正論で考えていても解決できない問題も、心理学を応用することによって先が見えてくることが多々あるのです。


自分以外の人を理解しコミュニケーションの壁を崩し、よりよい関係を築くことが可能になる心理学を考慮したビジネス書を紹介したいと思います。


○「絶妙な「聞き方」の技術」 
      ~話を聞けば相手の気持ちが見えてくる~

宇都出雅巳 明日香出版社 2006年10月

   NLP理論・インプロ・心理学を駆使した、人間関係をよりよくするための「例の方法」



会話をスムーズに行うには、そこが「安心できる場かどうか」が大きなポイントです。

この本の著者である宇都出氏はNLP(神経言語プログラミング)、コーチングなどを学びそれをビジネスの分野で応用しています。

信頼(トラスト)と尊敬(レスペクト)をベースにした組織・社会の実現が夢という宇都出氏、本の内容にもその姿勢が現れています。


相手が心を開いて話してくれる場作り、事柄だけでなく相手自身に関心を向けて聞くこと、「できない」意識を「できる」意識にチェンジしていく質問など、上司と部下の会話、あるいは会議の場での会話などビジネスの現場でとても役に立つスキルが分かりやすく紹介されています。

180ページの中のひとつひとつのエキスを飲み込んで実践してみるとその良さがさらに実感できます。




NLPサンタフェでトレーナー資格を取ったメンバーで構成する「NLPサンタフェトレーナーズ協会」が活動を開始しています。 http://nlp-santa-fe.info/ NLPを真摯に学びたい方、NLPを実践に役立てたい方にご覧いただきたいサイトです。

NLPサンタフェのMike Bundrant氏による
オンラインの「マスター・トレーナー・コース」第2期生の募集が始まりました。

mike2005



第1期生が12月2日(日)に始まりましたが、ワークショップ形式で受講するのとは違った良さをいくつも感じています。

講師であるMike Bundrant氏の情報量が多いこと。

パソコンの画面に資料とMike Bundrant氏と受講生の顔が並ぶので、集中しやすいこと。

受講後、録画された映像がネット上にアップされるので、何度も復習できること。

MPL_1202

第2期生の募集要項は下記Webでご覧ください。

http://www.asahi-net.or.jp/~vz5y-fnbs/nlp_santa_fe/online_master_practitioner20130512.html


NLPサンタフェ独自の「人の心の地図の観かた」が、マスターコースでは理解でき、実践できるようになります。


2004_3


皆さんは、自分の「強み」自分の「弱み」を自分なりに把握されていることでしょう。

あなたにとっての「強み」とは、どんなものがありますか?

はきはきとしゃべる、説得力がある、ルールを守る、論理的、リーダーシップを発揮する、人に優しく接する、人の気持ちに配慮する・・・・・

あなたにとっての「弱み」とは、どんなものがあるでしょう?

すぐにカッとする、人を非難してしまう、世話をし過ぎる、感情を出さない、はしゃぎ過ぎる、妥協しやすい、人の目を気にする・・・・

人それぞれ、育ちや仕事の中で身につけてきた「強み」「弱み」があるものですが、それを仕方がないもの、変えられないものとして諦めている方はいませんか?

外から見たら同じ行動や言葉として見えるものでも、意味づけを変えるだけで感覚が変わります

また、状況が変わると「強み」だったものが「弱み」になるかもしれません

逆に「弱み」と思っていたものが、とても役立つ「強み」になる場合もあるのです。

例えば「強み」の「てきぱきとしている」について考えてみましょう。

話をしている相手がゆっくりと考える人だったらどうでしょう。

てきぱきとしていたら、相手を急かすことになるかもしれません。

直接「早く答えろ」と言わなくとも、非言語のメッセージとして無言のうちに伝わります。

相手は居心地が悪くなってしまいます。

ある人は、小さい頃に親から「てきぱきしなさい」と何度も言われていたそうです。

それが基で、常に「てきぱきしなければならない」という信念が動き始めるといいました。

本人も「強み」だと思っていたし、周りの人もそう思っていたことです。

この前提に気づいた彼は「常にてきぱきしなくてもいい」という許可を自分に与えました。

その後の彼は、堅さが取れてとても自然体になりました。

しかし、彼は今でも、リーダーシップが必要な場面や、大事なプロジェクトになると持ち前の「てきぱき」した態度で気持ちのよい仕事をしています。

これは親から受け取って無意識のうちに従っていたメッセージに気づき、新しい枠組みにしたことによって起きた変化です。



逆に「弱み」と思っていたことも、枠組みを変えることで「強み」に変えられます

例えば「感情を出さない」を例にとって考えてみましょう。

テレビのニュース・キャスターや、大きい会議での司会者はどうでしょう。

ニュース番組では悲しい出来事、理不尽で怒りが湧いてくるような出来事も伝えなければなりません。

自分の怒りや涙は脇に置いて仕事をこなさなければいけません。

こういう時には「感情を出さない」という面は役に立ちますね。

また、大きな会議の司会者も感情に振り回されるのは好ましくありません。

以前、会議の進行中に感極まって泣き出した司会者を見たことがあります。

人間的には温かみを感じますが、やはり状況的にはまずいでしょう。

まずは、その「強み」や「弱み」が、自分のどんな信念や価値観が前提となっているかを考えてみましょう。

また、どんな状況でそうなるのかを考えてみましょう。

そして、「これが役立つ」「これに価値がある」と思える状況を考えてみましょう。

どうすれば、これが前向きな機能や価値をもつようになるか考えるといいでしょう。

具体的にはどんな方法があるか?

言葉の表現をどのように変えたらいいか?

その枠組みに意識を向けることが、変化のための第一ステップです。

このことをNLPではリフレーミングといいます。

状況や相手が変わると弱みだと思っているところが案外役に立つものです。

弱みだ、欠点だと決め付ける前に、今までの人生でどのようなことに役に立ってきたのかを思い出してみてください。


NLPサンタフェでトレーナー資格を取ったメンバーで構成する「NLPサンタフェトレーナーズ協会」が活動を開始しています。
http://nlp-santa-fe.info/

NLPを真摯に学びたい方、NLPを実践に役立てたい方にご覧いただきたいサイトです。




↑このページのトップヘ