GWは、8日間京都でリオロジー・ワークショップを受けてきました。

 教えてくれたのはNLPサンタフェの会長、ジェイク・イーグル氏とその奥さんであるハンナさん。


IMG_0787














 とても大きなストレスを受けたときに、人間はどのように反応するかという内容は面白かったです。

 自分は「固まる」という反応が多くあるのを改めて気づきました。


 周囲に自分の考えと違う人が複数いると、よくこの反応が起きます。

 なぜか。祖母と母の板挟みになっていた、子どもの頃の反応なのです。

 まだ、きちんと解消できていないのかもしれません。

 もういい加減、それを手放して、新しいパターンにならないといけませんね。


 危険が迫った状況で固まっていたら、危ないですね。

 むしろ、逃げ出すか、反撃するかどちらかの反応の方が自らの命の危険から回避するには適していそうだと思います。





 次に、役に立った点は、自分のコミュニケーションのパターンに関する考察です。


 人とのコミュニケーションで、自分がどのように反応しているか?


 その反応が、今の状況に合っているだろうか?


 その反応を身につけてしまったのは、どんな要因があったのだろうか?


 そして、もっと楽に人とコミュニケーションするために、今、変えられることはなんだろうか?


 このようなコミュニケーションに関わる内容を考えるよい時間を持てました。


 そして、自分自身との「関係性」を考えるよい材料にもなりました。





 よく心理学の中で「今、ここ」という表現が出てきます。

 頭では分かっていても、自分をその状態にキープするのはなかなか難しいものです。


 いろいろな感情が起きますが、それはすべて自分が自分にそうさせているという点は、今回のワークショップで納得がいきました。


 NLP
にも「心理地図」が出てきます。そして、地図と現実は違うということも言われています。





 未来への不安に気持ちがとらわれていると、今、ここにいられません。


 過去の出来事に対する怒りや罪悪感など否定的な気持ちに圧倒されていると、やはり、今、ここにいられません。


 他人の言動や評価にばかり気持ちを向けているのも、今、ここにいられない要因になります。


 自分のことにばかり注意が向いているのも同じです。


 これらのバランスを取り、その時その時に集中して、気持ちをリラックスさせることが出来るようになりました。


 その心理地図は自分が自分で作り上げているということを、様々なワークを通して実感することが出来ました。

 長いようであっというまの8日間でした。





 もうひとつ、今回のワークショップ期間中に挑戦したことがあります。

 食事を「ベジタリアン食」にしたのです。

 8日間も「ベジタリアン食」で過ごしたのは初めての体験です。

 身体が軽くなったような気がします。細胞が入れ替わったか。

 しかし、仲間との食事が美味しく、3食しっかり食べたので家に帰って体重を量ったら3キロ太っていました。

 幸せぶとりでしょうか・・・


 年齢もありますから、今後は肉や魚は減らして野菜や穀類を中心にした生活にあらためようと思いました。





 こんなワークショップを、京都市の北東部にある関西セミナーハウスで8日間に渡って受けていました。


 比叡山の山懐、歴史的風土特別保存地区に指定されているためたくさんの自然が残り、その中に歴史的な建物がマッチしており気に入りました。


 鳥の声で目覚め、夕陽を眺めたり、月の出を楽しんだり・・・・


 朝や、昼食後の休憩時間の散策にはもってこいのシチュエーションです。


 普段、左脳ばかりを使っているため、左脳を休めて取り組むリトリートは、生きている感覚を取り戻させてくれました。





 2015年も開催が決まりました。4月29日(水)から5月6日(水)の8日間
です。


 ジェイク夫妻も参加された方も気に入ってくれたので会場は今回と同じ関西セミナーハウスです。(下記のサイトをご覧ください)


ぜひ、参加をご検討ください。

http://nlp-santa-fe.info/reology/

reology20140327










私は妻のハンナと来日し、2014年4月29日から京都でワークショップを開催することをとても楽しみにしています。

このプログラムは、NLPの真髄ともいえる新たな言葉の使い方を伝授するので、NLPを知っている人にとても適しています。

当初のNLPは主観的な体験の学習として描写されてきましたが、実際にNLPで用いる言葉は主観的ではありません。

今回のトレーニングでは初めて真の意味で主観的な言葉の使い方を伝授するので、学んできたNLPをさらに活かせることができるようになります。

詳細はこちらです:
https://reology.org/retreats/japanese-retreats/

質問等があれば遠慮なくお問い合わせください。(日本語でもOK)

ではゴールデンウィークにお目にかかれることを願っています。

(今回のジェイクのトレーニングの通訳を務める新田亜紀子さんが和訳してくれたものを掲載)



reology20140109










私がNLPを学んだ、NLPサンタフェのジェイク・イーグルの言葉です。

「私は、我々のほとんどが幽霊を追っていると思います。幽霊は、幼児期からの我々の実現されていないニーズです。

我々が欲しかった愛を得ないこと、我々が欲しかった確認、評価される感覚でない、安全であると感じないこと。

そして、我々の多くがその習慣を持ち続けたまま人生も後半に差し掛かってしまう。」



今までとは違う思考の仕方を身につけると、感じ方が変わり、考え方が変わり、行動が変わります。

そうすると、それまで囚われていた思い込みや、間違った価値観がどんどん変わっていきます。



生き方が変わり、ストレスが減り、モチベーションが上がるのが分かります。


脳の中に住んでいる幽霊が、どこかに行ってしまうのです。


NLPは、それを可能にしてくれる心理学テクニックの集大成です。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

   ジェイク・イーグル夫妻による

           リオロジー・ワークショップ 京都開催

   2014年4月29日(火・祝)~5月6日(火)開催

   http://nlp-santa-fe.info/reology/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

↑このページのトップヘ